札幌市中央区の保険対応、鍼灸院・整骨院は国際中医師の円山漢祥院・円山接骨院

背景上部枠画像

院の略歴

1、今に至るまで

平成4年 それまで脳神経外科や、一般外科 内科等で研修を積んだ後に円山で開業しその後、
上海中医薬大学 中医学部マスターコースに進学し中国の世界中医学連合会の国際中医師試験に合格して
中国の大学で研修を繰り返し、中国上海の鍼灸治療をそのまま日本で再現するべく治療にあたっています。

2、研修の結果

特に研修先だった静安区立の病院では、刺絡という治療を専門に勉強し、お血が鬱血すると疼痛が発生したり、
筋肉が固くることを古典文献から突止め、お血を排出することを目的にする治療を行なっています。

また、大脳の不活性化が物忘れや、記憶力障害、記銘力障害につながることで頭部に刺針し、通常の電気よりも微弱な微弱電流であるイオンを流し、大脳を活性化することで脳の障害を取り除く治療も行ない、かなり効果をあげています。

新潟大学の元教授 安保氏の理論から指の尖端の井穴という経穴が自律神経に大きく影響することを発表し、安保理論と呼ばれ自律神経調整に使われています。薬物(精神安定剤など)を使うことなく、自律神経を調整し治癒に導きます。

TOPRA 低周波装置ではあるけど電流波形が台形波で体内の奥深くまで入り筋肉などのコリをほぐします。

微弱電流装置 ソーマダイン バイオメッド この両機種は共に微弱電流、通称ではイオンと言われますが、
そのイオン電子を体内に流し、細胞を活性化させて細胞運動を活発にします。
それにより炎症を治したり、痛みをひかせたりします。

レーザー治療器 近赤外線とレーザー光で赤外線は皮膚表面を暖め、レーザー光線は体内深くまで入り込み、
患部に到達します。

ティクトロン ウィムトン この2機種は高中周波で、筋肉を低周波のように痙攣させることなく、
刺激を与えて炎症を抑えます。

他にも数々の治療機器を取り揃えさまざまな疾病に対処します。

6、院内は個室になっており、プライベートが保たれるようになっています。

安心して治療にいらっしゃれます。
個室は7室あり、スタッフは総勢6名で治療にあたります。

スタッフ風景

顔面部の刺針は内出血などをすることもあり、繊細な部位ですが、特殊な顔面用の針を使い、顔面の内出血を最小限に抑えます。痩身なども耳針を行ない、留置針をすることで食欲を落とします。また上海方式で、腹部の要穴に針をして代謝の落ちた体の代謝をあげて痩せさせるようにします。

このページのトップへ戻ります

HOME > 院の略歴